AVANT コーヒー部

アヴァント株式会社というシステム会社内のコーヒー部が、珈琲焙煎やコーヒーネタなどについて書いています。

【産地と豆種】3.インドネシア マンデリンとトラジャ。あとJavaと猫。

こんにちは。

アヴァント コーヒー部、【広報】です。

 

アヴァントコーヒー部のブログ更新の頻度をすこし調整していくことにしました。

朝・夕で2回更新をしてきたのですが基本朝のみとなります。

(たまに夕刻の投稿もあるかも)

 

今回は【Web】さんの好きなマンデリンのお話。

 

マンデリンの豆種の話をする前に、マンデリンの生産国、インドネシアのコーヒー事情についてすこし。

 

インドネシアのコーヒーの歴史は、絶滅の歴史です。

 

最初は1696年。オランダ人の総督がインドネシアジャカルタにいる総督にコーヒー苗木を送り育てるところから始まったのですが、なんと洪水で全滅の憂き目に!

そして3年後にまた改めてコーヒーの苗木が送られます。そこからコーヒー栽培の歴史が再スタートするのですが・・・

 

この時植えられた原種はアラビカコーヒーノキ。順調に育ったコーヒーは1876年、さび病(コーヒーの病気でもっとも有名な病気)でほとんど壊滅。代わりにあまり作られていないリベリカ種を植えてみるも・・・これまたさび病でほぼ全滅。

 

3度の全滅ののち、病気に強いロブスタ種を植えるようになり、インドネシアのコーヒーはほとんどがインスタントコーヒーの材料となるロブスタ種となりましたとさ。

 

おしまい。

 

 

だと・・・マンデリンが登場しないですね。

インドネシアは多数の島々に、多数の民族が暮らす多民族国家です。それだけ多様性のある国であることがまず原点にあります。

 

==========

マンデリン族、復活への尽力

マンデリンはもともと、スマトラ島のマンデリン族の手により育てられていたブランドです。地名ではなく、部族の名前がついているんですね。

マンデリン族のコーヒー畑も例外はなく、さび病の影響でほぼ全滅します。

しかし酸味が少なく芳醇な苦みとコクが売りのマンデリン族のコーヒーは愛好家も多く、高級コーヒーとして当初よりオランダでは珍重されます。(ダッチコーヒーの国ですしね。)

現在流通しているマンデリンは、このさび病被害を乗り越えたアラビカ種をもとに、マンデリン族が栽培を続けてきたものです。マンデリンはインドネシア全体でみても数パーセントの流通量。とても貴重かつおいしいコーヒーです。栽培を続けてくれたことに感謝ですね。

 

 もちろんマンデリンは今でもおいしく飲むことができます。

マンデリンには、マンデリン・トバコやビンタンリマ、リントン・マンデリンなどの種類があります。

 

============

もう一つのうまい豆、トラジャ。

日本では、もともとマンデリンよりこちらのほうが有名かもしれません。

トラジャ。

 

トラジャだけで聞くことは少なく、

 「トアルコトラジャコーヒー」

という響きで聞き覚えのある方が多いのではないでしょうか。トアルコトラジャコーヒーは、キーコーヒーがトラジャ族とともに長い年月をかけて生産量の確保と農場の改善などを行ってきたブランドとなります。

マンデリンと同じく、部族名がブランドに使われているのですね。

トアルコトラジャについてはキーコーヒー株式会社のWebページに詳しく掲載されているのでそちらをご参照ください。

www.keycoffee.co.jp

 

トラジャはスラウェシ島という島のタナトラジャという高地で生産されているも全体を指すブランド名なのですが、その南部カロシ産のコーヒーは、「カロシ」という高級ブランドとして生産されています。

 

カロシ(トラジャ)(焙煎)[400g] (豆の状態のまま)

カロシ(トラジャ)(焙煎)[400g] (豆の状態のまま)

 

 

=========

Java(ジャワ)。開発言語じゃないですよ。

アヴァントは、システム開発会社です。

正社員として働いているエンジニアは全員JAVAでのプログラミングが・・・

 

というのはだいたい会社概要を説明するときの流れなので、Javaと書くとコーヒーより言語が思いたつのが職業病です。

 

なんて話はさておきここではジャワ島のコーヒーの話ですね。

 

もともとジャバコーヒー(ジャワコーヒー)というとても味に定評あるコーヒーを生産していました。現在でも生産されています。モカブレンドして、モカ・ジャバ(モカ・ジャワ)として流通することも多かったジャバ・コーヒーは大変高価だったため、次第にモカ・ジャバにはジャワ島のコーヒーが使われなくなって・・・などという歴史もありますが、今では価格も落ち着いています。

楽しみやすい状況・・・とはいいがたいようで、ジャワコーヒーとして日本で流通している豆は現在だとほぼロブスタ種になるようです。

 

【コーヒー生豆】 ジャバ ロブスタ 500g×1
 

 

===========

インドネシアといえば、コピ・ルアック(コピ・ルアク

 

coffeebu.hatenablog.com

 コピ・ルアクについては過去記事でもすこし取り上げました。

スターがめちゃくちゃついてますね。

 

コーヒーブログ立ち上げ期になぜかブレイクした時期があってそのころの記事です。

 

コピ・ルアクはジャコウネコの糞の中で消化されなかったコーヒー豆を集めて作ります。ここ10数年前くらいからコーヒーの中の珍品として価格が高騰しています。インドネシアで購入する際は偽物に注意。日本まで入ってきているものも注意なんですけれどもそもそも珍品すぎて真贋の判定などできなそうです・・・。

偽物でも困るのでコピルアクのリンクは今回はなしで。

 

 

 

【産地と豆種】2.モカの次は、キリマンジャロかなー

こんにちは。

アヴァント コーヒー部、【広報】です。

 

前回はモカについてそこそこ詳しく書きました。

モカは香り、キリマンジャロは酸味。

 

という前提で、以下を読むとすこし驚くかもしれません。

 

===============

キリマンジャロは、昔、モカだった。

 

当然いわゆる”モカ”とは味の上でも大きく異なるこの「キリマンジャロ」。

 

今ではタンザニアで産出するウォッシュドコーヒーについては、すべて総称/ブランド名として「キリマンジャロ」というワードを使うことができます。

ただ、キリマンジャロというコーヒーはタンザニアプランテーションで作られている、あまりブランド力のないコーヒーだったというからそれは驚き!でしかありません。

 

ブランドとして確立するまでは、実は、一度イエメンまで運ばれていまして・・・

 

あれ?イエメンといえば・・・モカの集積地ですよね。(過去記事「モカ」参照)

 

ということは・・・

 

なんと!キリマンジャロコーヒーは、以前、「モカ」として販売されていたのです!

 

現在ではタンザニアのコーヒー協会が生産・販売まで一手に取り仕切っているとのことで、キリマンジャロのブランド力が向上したことが解りますね。

 

キリマンジャロの産地タンザニアでの作付け品種は、

 

 ブルボン

 ティピカ

 ケント

 

であり、モカの産地イエメン・エチオピアはほとんどが在来種由来なので、品種として特定のものの作付けが多いというほどでもない。それこそモカ・マタリのマタリは豆種としても存在していて地名から豆種の名前がついている。(イチゴのとちおとめ みたいなイメージかな???)

いろいろ混ざってるという意味ではキリマンジャロ のティピカやブルボンが”モカ”でもいい!のかもしれないのだけれども、本当に気候・土壌・精製過程で大きく味が変わるのがコーヒーなのです。

 

なので、今、コーヒーの飲み比べる時代になっては、キリマンジャロを「モカ」ですと出されたらたぶん、わかるだろうなぁ・・・と思います。

 

ケントという豆種には前の段階では触れていなかったので、ちょっと触れてみようかと思います。

 

ケント種は、インドで生まれたティピカとほかの豆の雑種(w)です。交雑種です が正しいかな?と思うものの・・・まあ、雑種。さび病に強いものを特定させていってケント種としてインドからプランテーション農園に持ち込まれたものです。

 

その外にもブルボン亜種なども生産されているようですが大きくはこのティピカ・ブルボン・ケントの3種です。

 

===========

タンザニア産のウォッシュドなら全部キリマンジャロ

 

タンザニア産コーヒーの格付けは、

 

サイズ × 品質

 

の2つがあります。

サイズ面ではAA~C、品質面は最上がFINE 、以下GOOD、FAIR GOOD、FAQ、POOR・・・と全部で9段階になっています。

日本人は品質にうるさい方ですのでGOODやFINEの豆が多く入ってきていると思いますが、キリマンジャロは産地ブランドですので、CのPOORなどもキリマンジャロなんですよね・・・。

 となると、やはりそういうものと一緒にされたくないぜ という産地・農園も出てくると思います。

日本の米政策とめちゃくちゃ似ている気がする。イチゴとかもきっとこんな感じ

そうすると自主流通米ならぬブランドコーヒー/スペシャリティコーヒー化するものも出てくるでしょう。

以前一度、キボーAAを紹介していますが、タンザニア産はやはり浅く煎ると本当に酸味が強いです。嫌な酸っぱさではないんですけれども、おいしい酸っぱい味がします。

 

coffeebu.hatenablog.com

 

キリマンジャロ というタンザニア統一ブランドではなく、ここにもやはり産地からの命名が行われるようになっていますね。キリマンジャロ北部でも南部でもない、北西部のキゴマ地区だから ということも他の「キリマンジャロ」との差別化をしたいという思いもあるかもしれませんね。

 

===========

もちろんキリマンジャロ、まだ買えますよ。

 

 

ブレンドのものも多いですね。キリマンジャロ名で売るというと、名前で売りたい!というところも大きいのでそうなるのかな?と。

 

 

大手メーカーがキリマンジャロのブランドを維持するために販売継続しているようにも見られます。

 

===============

日本にいると美味しいキリマンが飲めてしまうので、ちょっと忘れがちになってしまうところがあります。

キリマンジャロを知るにはタンザニアや植民地やプランテーションを知らなければいけないですね。プランテーション=貧富の差 の代名詞みたいなところがあります。けれ

 

もちろんタンザニアでもフェアトレードは進んできていますが、タンザニアの小規模コーヒー農家の作付け面積は本当に狭く、フェアトレード導入後であっても収入はまだまだ低い状態のようです。

若者のコーヒー農家離れ が進んでいる なんて記事もありますけれども、もっと消費地価格と産地価格の差が埋まっていかないとなかなか難しいのかもしれません。

 

dev-media.blogspot.com

 

とはいえ、コーヒーは焙煎→抽出してはじめてコーヒー。そして流通コスト。この過程での費用を考えればコーヒーが今はまだまだ安いのかもしれませんよ。ただ、コーヒーがもっと高くなってしまうのも、コーヒー好きからすると困りものですし・・・

 

タンザニアキリマンジャロコーヒー農園にODA納税できればいいのに)

【産地と豆種】1.モカ だけは特に注意!みたい。

こんにちは。

アヴァント コーヒー部、【広報】です。

 

コーヒー豆についていろいろ調べていく中で、なんだかんだ一番気になるのが実が

 

 「モカ

 

についてです。

 

先に結論みたいなのを書いておきますね。

 

============

 

1.モカ港に由来する「ブランド名」

2.コロンビアの農園で研究・定着された品種としての「モカ種」

3、チョコレート入りの「カフェモカ」とか・・・その他

 

============

 

モカの歴史としては、15世紀にコーヒーをエチオピアから輸出する際に、アラブの商人がモカの港から輸出したためモカと呼ばれるようになったとの事。それから1800年代初期までの間に、モカはブランドとして定着していったようです。 

モカ と言って一番最初に思い出すのが、井上陽水さんだったり荻野目洋子さんだったり西田佐知子さんだったり思い出す歌手はそれぞれですけれども、

 

コーヒールンバ

 

に出てくる、モカ・マタリ って人も多いかと思います。

 

ホントは音源へのリンクしたりもしたいのですが著作権の問題もありますのでAmazonの商品リンクで紹介しておきます。

 

コーヒー・ルンバ

コーヒー・ルンバ

 
コーヒー・ルンバ

コーヒー・ルンバ

 
コーヒー・ルンバ (Remastered 2018)

コーヒー・ルンバ (Remastered 2018)

 

 

この中の、「モカ・マタリ」のくだり で知ってる人が多いんですよね。 

 

モカ・マタリはイエメン産のコーヒー豆の総称です。モカ というとだいたいこうした「産地ブランド」を指すことが多いかもしれません。

 

 

モカ・マタリのランクも当然いくつかに分かれていて、比較的欠点豆の少ないランクが「No.9」とのことで日本で輸入する場合はこのNo.9になることが多いと思います。

 

 イエメンの豆種はほとんどが様々な在来種です。マタリ 以外にもいろいろな産地名がつけられた豆種があるようです。在来種・雑種ということで種の特定・固定がされていない木もたくさんあるため、雑種・混合。なので、モカはほとんどの場合が「ブレンド」となるはずなんですけれども・・・コーヒーの不思議なところでこういう場合はシングルオリジンとして扱われます。産地ブランドが定着している証拠ですよね。

 

モカはこのイエメン産のモカ・マタリ他と、エチオピア産になります。

 

エチオピアの豆種も、これはほんとに様々。エチオピアがコーヒーの原産地と言われており(遺伝子の調査なども進んでいるのでほぼほぼ間違いないのではないかと思います。)これまた様々な在来種が生産されています。

 

 

エチオピア産のモカ・シダモ、モカ・イリガチャフ(イルガチェフェ)など、モカのあとに産地名を付けた産地ブランディングをする形になります。最近ではイルガチェフェが人気なのかな?

 

1835年にエチオピア産の豆がモカ港に集積されずに、独自流通するようになってから、徐々にモカ港は衰退し、中東の激動の末現在に至る・・・とまあ、歴史的には結構いろいろな影響を受けているブランド豆です。

 

===========

 

ここまでは豆のブランドの話。

もう1つ、豆の品種としての「モカ」も存在するそうです!(知らなかった!!)

これは上記の「モカ」とは異なるので、勘違いをしなくてよかったなーという気分でいっぱいです。

 

2011年にコーヒー・オブ・ザ・イヤーを受賞したコロンビアのサントゥアリオ農園が、2002年より研究を続けて完成させた「モカ」という品種は、超希少品種で、最高級のコーヒー豆とのこと。

コロンビア・モカについては下記のページに詳細が書かれています。

www.baisenkoubou-shimano.com

 

===========

さらにあと2つ、コーヒーの豆の話ではなくて飲み方のほうで「モカ」という呼び名が使われることがあります。

 

「カフェモカ

そもそもモカというコーヒーがあるのになぜカフェモカなんて呼ぶようになったのか疑問で仕方がないのですが、まあ定着しているんだから仕方ないですね。

カフェモカは、エスプレッソを淹れてミルクとチョコレートシロップで作るコーヒーの飲み方です。詳しい作り方などはまた後日にでも・・・。

 

先ほどセブンイレブンに行ったら、新作のチルドコーヒー「カフェモカ」が新発売されていました!

 

f:id:coffeebu:20190613145651j:plain

アイスコーヒーを買った後に気づいたので味見はできなかったんですけれどね・・・。

 

スターバックスモカフラペチーノ(今はメニュー落ちしてるのかな?)も、このチョコシロップのカフェモカを意識したネーミングだと思います。

モカ名が付くフラペチーノはダークモカチップフラペチーノですね。

以下公式リンク張っておきます。

www.starbucks.co.jp

 

 

モカエキスプレス」

以前紹介したビアレッティのマキネッタの商品名が、「モカエキスプレス」です。これも結構有名な「モカ」だと思いますので一応載せておきます。 

coffeebu.hatenablog.com

 

なぜモカが気になったかというと、自分が小学生のころに父母が焼肉屋さんの景品でコーヒーメーカーをもらってきて、ミルを購入して、豆を挽いてコーヒーを飲むようになったのですがその時の豆が、ほとんど「モカ」でした。

 

キリマンジャロ(いまだとキボーAAとか)だとちょっとすっぱ過ぎるし、ブレンドよりはモカが好きだなー なんて言いながら飲んでいたのを思い出しまして・・・。

 

みなさんもお気に入りの豆についていろいろ調べてみても、面白いかもしれませんね。

どうせ、雨も降っていることですし。(今日は天気がいいけども)

まめ太さん - 8 -

こんにちはー。
アヴァントコーヒー部の【Web】です。
 
【総務】ちゃんから、まめ太さんのネタ提供があったのでコピペ掲載(ここまでコピペ)

 


原文ママ

 

良いお天気ですね( ˙꒳​˙ᐢ )☀️

…ということで、突然ですがまめ太さんの植え替えをしました。

f:id:coffeebu:20190614171757j:plain

実はまめ太さんは三兄弟で、、、

f:id:coffeebu:20190614171852j:plain

こんな事になっていたので…
2号と3号の風通しを良くするため、鉢をわけました。

ついでに、梅雨も気になるところだったので、水はけを良くするために土に赤玉土と酸化粒剤を混ぜて、カビ対策も└( 'ω')┘✨

f:id:coffeebu:20190614172003j:plain

f:id:coffeebu:20190614172029j:plain

名前は

まめ太さん
おまめさん
こまめさん

に決まりました🌱

 

 
・・・朝、鉢を2つにわける言われたときは
なんのことかと思いましたが・・・作業している【総務】ちゃんの姿が
職人さんとしか思えませんでしたw
 
 

【イベント】わっかない白夜映画祭コラボイベント

こんにちは。

アヴァントコーヒー部、【広報】です。

最近、広報 と入力しようとするとコーヒーが単語のサジェストに出てきてしまうのがちょっと不便です^^;;;

 

さて、今日は久しぶりにイベント情報です!

この週末6/15・16と、北海道の稚内で開かれます

  わっかない白夜映画祭

で、わっかないコーヒーフェスティバルコラボの真夜中開店があるそうです。

午後11:15開演の「ファースト・マン」までには提供開始可能とのこと。

また、通常持ち込み不可の映画館ですがイベント当日、このコーヒーは持ち込み可能!(コラボですしね)

 

映画祭のポスター画像とタイムテーブルを張り付けておきます。

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:4人

 

コーヒーラインナップは以下の通り。

 

===========

 

1.「ナリーニョ・スプレモ・ピーベリー」(コロンビア) ¥380

ナリーニョは非常に険しい山の斜面でコーヒーを栽培し、収穫・乾燥・精製すべて手作業で行い、最高品質のコーヒー豆を造る地区として有名。

ナリーニョ・・生産県

スプレモ・・粒の大きさの規格で、粒が大きく揃っていること

ピーベリー・・コーヒー豆は一つの実の中に一対の種子がある(ピーナッツを想像していただけるといいです)が、ピーベリーは何らかの要因で種子が一つしかないもの。全体の3~5%しかなく、豆同士がぶつからないので形も丸い。本来二つの種子に注がれる栄養素等を独り占めしているため、よりおいしいという人もいる。

そんな「ナリーニョ・スプレモ・ピーベリー」は、高地産なので成熟過程で実が引きしまり、コク・香り・甘味が素晴らしい。その甘みが本来の酸味と融合し、甘酸っぱさを感じられるコーヒー。その柔らかな酸味をぜひご賞味ください(^^)

 

===========

 

2.「エメラルド・マウンテン」(コロンビア)  ¥400

FNC(コロンビアコーヒー農家を代表する組織)カップ認定士が鑑定した、コロンビア産のコーヒーの中でも3%未満の選び抜かれた最高の豆。

完熟した実だけを一粒ずつ丁寧に手で収穫し、清らかなアンデスの水で洗浄、乾燥。

コロンビアの至宝・エメラルドを冠したこのコーヒーは、高級感のある芳醇な香り、バランスの取れた苦味と酸味が特徴。

巷ではエメマンブレンドなるものが売られていますが、これはエメラルド・マウンテンが30%以上含まれていたら「エメマンブレンド」と表示できるもの。

この機会にエメマンブレンドではない「エメラルド・マウンテン」をぜひ飲んでみてください!!(^O^)

 

===========

 

3.アマレロ・ブルボン(ブラジル)  ¥350

ブラジルのエスポラナーダ農園産。

コーヒーチェリーは熟すほどに実が赤く変化するものがほとんどだが、「アマレロ」と呼ばれる品種は、熟すほどに美しい黄色に変化します。

ブルボン種は、病気に弱い品種とされるため、多くの生産者たちはこの品種の栽培を恐れているのだとか……。けれども、コーヒーの原種に近いといわれるブルボン種への注目は世界的に益々高まっています。

チョコレートを想わせる芳醇でクリーミーな甘みとほろ苦さを併せ持つ味わいをお試しください(^^♪

 

===========

 

わっかないコーヒーフェスティバルは、北海道宗谷総合振興局と包括連携協定を結ぶ稚内北星学園大学が連携して実施するイベント。実行委員会が設置され、売り上げの一部は大学に寄付されるようです。

 

稚内とコーヒーには歴史的にもつながりがあるとのこと。

以下北海道庁のブログから引用しますと

”江戸時代末期、幕府から北方警備を命じられ宗谷に派遣された津軽藩士と会津藩士は、厳しい自然環境と野菜不足などから水腫病にかかり、死者が続出しました。
数十年後に再び幕府の命により、東北の藩士が派遣されましたが、その時代にはクワエヒル(ストーブの原型)や毛布のほか、水腫病の予防薬として和蘭コーヒーが配給されたそうです。


津軽藩士の故郷である弘前市の有志が中心となり、1992年宗谷公園に津軽藩兵詰合の記念碑が建立されました。"

津軽è©åµè©°åã®è¨å¿µç¢ã®åç

”この碑は、コーヒーを飲むことができずに亡くなっていった藩士たちを悼み、その後、薬としてコーヒーを大切に飲んだであろう先人たちに思いを馳せ、津軽藩士の故郷である弘前市の有志が中心となり建立したもの”だそうです。(稚内市HPより)

コーヒー豆型の碑は結構めずらしいかもしれませんね。

 

===============

 

 公式FBはこちら

コーヒーフェスティバル

https://www.facebook.com/wcf.wakhok/

 

www.facebook.com

 

お近くの方や観光で稚内にいる方は、ぜひどうぞ。

今からほかのエリアから行くにはちょっと遠いですなぁ・・・。最北端・・・。